東神奈川の不動産|タウンマッチホーム株式会社 > タウンマッチホーム株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 家を売る理由を聞かれたらどう答える?知っておくべき注意点とは?

家を売る理由を聞かれたらどう答える?知っておくべき注意点とは?

≪ 前へ|癖が強いウィスキーとギョーザ   記事一覧   不動産売却には内覧が大切 内覧の準備や当日の対応・ポイントについて|次へ ≫
カテゴリ:不動産【売買】

こんにちは、タウンマッチホーム平峰です^^

桜も咲き始めましたね!

暖かくなってきて、朝起きるのが楽ちんです☆



さて本日は、不動産の売却についてのお話。

中古物件を探している方はわかると思いますが、

気に入った物件が見つかった場合「売主さんは、

なぜこの家を売るのだろう」と考えるものです。


家は大きな買い物ですし生活の場ですから、

どこか欠陥があるのではないか、

過去に近隣トラブルが起こってはいないかなど、

慎重に考えますよね。


購入を検討している人は、売主に対して

「家を売る理由」を聞いてくる可能性が

おおいにあります。

そこで今回は家を売ろうと考えている方へ向けて、

家を売る理由にはどのようなものがあるか、

またスムーズに対応するためのコツをご紹介します!


弊社へのお問い合わせはこちら

家を売る理由を聞かれた際の答え方は準備しておこう!

住んでいる家を売却する理由はいろいろあります。

聞かれてすぐに答えられるものもあれば、

あまり言いたくないこともあるかもしれません。

まずは一般的な売却理由として

よくあるものを見てみましょう^^

一般的に多い理由


●家族構成が変わった(狭くなった/広すぎる)

●転勤による引っ越し
●資産の整理
●相続したが使わない


上記のような理由で売る場合は、

マイナスイメージになる要素がありませんね!


しかし次のような理由の場合はどうでしょう。

前もって答え方を準備しておくと、

聞かれた際に慌てずに答えられると思います。

注意すべき理由

もっといい家に住みたいから
理由としては多いですが、

購入しようとしている側にとっては

あまり聞こえがよくありません。

たとえば、


●もっと陽当りがほしい

●駅に近いところに住みたい 等々


理由としてはあると思いますが、

そのまま伝えるのはあまりにも

マイナスイメージが付きすぎますね(;'∀')

隠す必要はありませんが、

買主さんの心象に影響のないように、

最大限の配慮が必要だと思いますv


離婚したから
離婚などのワードは、「縁起が良くない」と

マイナスのイメージを持たれるかもしれません。

また、物件に関わる理由ではなく、かつ、

大変プライベートなことなので、

詳しく話さなくてもよいと思います。

家を売る理由に告知義務がある場合は慎重に!

次のような瑕疵(欠点)がある場合は、告知義務があります。

●物理的瑕疵…シロアリ被害・雨漏り・設備の故障など修繕が必要な場合
●心理的瑕疵…事件・事故があった、近隣に騒音や異臭の原因になる工場があるなど


このような瑕疵がある場合は、

まずは仲介を依頼している不動産会社に相談してください。


買主さんにどのようにつたえるか、

不動産業者としっかり打ち合わせをして、

決めるように注意してくださいね。

まとめ

家を売る理由でプラスイメージのもので

あればそのまま伝えても問題ありません。


購入希望者が不安に思うようなことに関しては、

伝え方に注意が必要です。


告知義務については、あとで大きなトラブルに

なる可能性があるので、まずは不動産会社に

相談することをおすすめします。


タウンマッチホーム株式会社は、横浜市神奈川区(反町・東神奈川・白楽)を中心に横浜市内・湘南エリア・県央エリアの不動産を取り扱っております。


不動産に関することなら何でもご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|癖が強いウィスキーとギョーザ   記事一覧   不動産売却には内覧が大切 内覧の準備や当日の対応・ポイントについて|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

平峰 健一 最新記事



平峰 健一

しっかりとお話しをお伺いします!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る