東神奈川の不動産|タウンマッチホーム株式会社 > タウンマッチホーム株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 咲くか!?シクラメン&実は便利な特例も?学校法人に不動産を売却する際にあらかじめ知っておきたいこと

咲くか!?シクラメン&実は便利な特例も?学校法人に不動産を売却する際にあらかじめ知っておきたいこと

≪ 前へ|多忙弾丸ゴルフ!&猪鍋!!不動産売却における按分とは?按分の方法や注意点について解説   記事一覧   ☆セミナー☆ドローンの活躍!不動産売却における消費税の課税対象と計算方法について|次へ ≫

こんにちは!タウンマッチホーム平峰です(^^)/

昨年の冬に母からもらったガーデンシクラメン!

夏場は、球根だけの状態にして、乾燥状態にしてありました。

そして、この冬。球根を植え替えてみたところ、

無事に咲きました!!!!

花の数は少ないけれど、とても可憐なよい色です!

母にも報告しました!


それなりに広さのある個人所有の土地などの不動産の売却では、取引相手が個人ではないこともありますよね。

実は、学校法人に売却する場合は税金の特例があるって知っていましたか?
さっそく、学校法人に不動産を売却する際のポイントを解説していきます。実は便利な特例も?学校法人に不動産を売却する際にあらかじめ知っておきたいこと

弊社へのお問い合わせはこちら

学校法人に対して不動産を売却する場合に適用される特例とは

広大な土地などの不動産を売却する場合は、取引相手が個人ではなく学校法人などの事業者ということもありますよね。
学校法人にあたるのは、公益法人のひとつであり、私立学校の設置を目的とする法人。
私立幼稚園や私立保育園からはじまり、私立専門学校や私立大学院までを指します。
意図していなくても取引相手が私立保育園などの学校法人だったということもあると思います。

この場合は、通常の不動産の売買というかたちではなく、土地収用法に則っての収用と買取という扱いになり、税制面で優遇がある特例が適用されるという仕組みになっています。
また、特別控除の額は、「公共事業の実施のための用地買収」や「収用等に係る課税の特例」に該当する最大5,000万円となっています。

学校法人に対して不動産を売却する場合の注意点とは

学校法人と不動産の取引をする場合に気をつけたいのは、土地収用法に事業認定済みの公益性が認定されている学校法人との取引や特定の条件を満たす学校法人との取引にのみ特例が適用されるという点。
特例を受けるためには、事前協議の手引に従い、国税庁で準備している「学校法人等の用地取得に係る事前協議のチェックシート」に詳細を記載し、国税庁または税務署へ、事前協議書に添付して提出する必要があります。
また、同じ学校法人に複数回・複数年にわたって土地を収用する場合は、最初の年のみの譲渡に特例が適用されること、さらに、収用交換などの不動産譲渡が最初に買取りなどの申出があった日程から6ヶ月以内にされなかった場合には、特例を適用することができないことなどを知っておくと安心です。
特例を利用するにあたっては細かい規定が多く、きちんとした手続きを踏む必要があります。
国税庁が公開している「特例のあらまし」「特例の適用要件」などで確認することもできますが、少しでも自分の理解度などに不安に感じる場合は、きちんとした知識を持つ専門家のサポートを受けて取引を進めるようにしましょう。

まとめ

実は、個人間での不動産の取引とは異なり、税金の特例が設けられている学校法人への不動産売却。
不動産の売却活動中にもし特例に該当しそうな取引が浮上した場合は、ぜひ参考にしてみていただければと思います。
タウンマッチホーム株式会社は、横浜市神奈川区(反町・東神奈川・白楽)を中心に横浜市内・湘南エリア・県央エリアの不動産を取り扱っております。
不動産に関することなら何でもご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|多忙弾丸ゴルフ!&猪鍋!!不動産売却における按分とは?按分の方法や注意点について解説   記事一覧   ☆セミナー☆ドローンの活躍!不動産売却における消費税の課税対象と計算方法について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

平峰  健一 最新記事



平峰  健一

しっかりとお話しをお伺いします!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る